2018.9.5 17:18

速見元コーチが謝罪会見、宮川に「1日でも早く、練習に行きたいという環境を作ってあげたい」/体操

速見元コーチが謝罪会見、宮川に「1日でも早く、練習に行きたいという環境を作ってあげたい」/体操

会見する速見佑斗元コーチ=東京都港区西新橋(撮影・今野顕)

会見する速見佑斗元コーチ=東京都港区西新橋(撮影・今野顕)【拡大】

 体操のリオデジャネイロ五輪女子代表、宮川紗江(18)に対する暴力行為で日本協会から無期限の登録抹消処分を受けた速見佑斗元コーチ(34)が5日、東京都内で謝罪会見を開いた。

 冒頭で速見元コーチは「宮川選手に対する度重なる暴力行為によって、本人はもちろん周りの選手、コーチに不快な思い、恐怖を与えたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。「暴力がどういう理由であれ、許されないといま深く実感しています」とし、「どんな小さな暴力であれ、一切行わないことを誓います」とした。日本協会から受けた処分には「真摯(しんし)に受け止め、妥当な処分だと考えている」と受け入れる方針を示した。

 また教え子である宮川に対しては「選手が勇気を持った会見をして、18歳の彼女にとって大きな負担だった。1日でも早く、練習に行きたいという環境を作ってあげたい、次のステップに向けて、出発できる環境を作ってあげたい」と、思いを吐露。また宮川選手が指導再開を希望していることに「いつになるかわからないが、再出発ができる状況をがんばって作っていきたい」と話した。

 

  • 会見冒頭で謝罪の弁を述べる速見佑斗元コーチ=東京都港区西新橋(撮影・今野顕)
  • 会見冒頭で頭を下げ謝罪する速見佑斗元コーチ=東京都港区西新橋(撮影・今野顕)
  • 緊張した表情で会場に入る速見佑斗元コーチ=東京都港区西新橋(撮影・今野顕)
  • 記者会見の冒頭、体操女子・宮川紗江選手への暴力行為について謝罪する速見佑斗コーチ=5日午後、東京都港区
  • 記者会見の冒頭、体操女子・宮川紗江選手への暴力行為について謝罪する速見佑斗元コーチ=5日午後、東京都港区
  • 記者会見の冒頭、体操女子・宮川紗江選手への暴力行為について謝罪する速見佑斗元コーチ=5日午後、東京都港区