2018.9.3 05:02(1/2ページ)

競泳6冠の池江、日本女子初MVP!賞金550万円の使い道は焼き肉とすし/アジア大会

競泳6冠の池江、日本女子初MVP!賞金550万円の使い道は焼き肉とすし/アジア大会

特集:
アジア大会
大会MVPを獲得した池江は、閉会式に旗手として登場。最高の形で締めくくった (撮影・納冨康)

大会MVPを獲得した池江は、閉会式に旗手として登場。最高の形で締めくくった (撮影・納冨康)【拡大】

 ジャカルタ・アジア大会最終日(2日、インドネシア・ジャカルタほか)ジャカルタのブンカルノ競技場で閉会式が行われ、16日間にわたった熱戦に幕を下ろした。競泳女子で6冠を達成し、金メダル数でアジア女子と日本選手の1大会最多記録を更新した池江璃花子(りかこ、18)=ルネサンス=が、最優秀選手(MVP)に選ばれた。女子の受賞は初めてで、日本選手では前回大会の萩野公介(24)=ブリヂストン=に続いて4人目。女子高生スイマーが、2020年東京五輪に向けて手応えを得た。

 “アジア大会の顔”が閉会式で大役を務めた。今大会期間中、最初で最後となる雨が降るなか、池江が笑顔で大きく日の丸を振って行進した。この日の昼にはMVPの授賞式に出席。英語で「I’m So Happy」と喜びを表現した。

 「(MVPは)無くなったと思っていたのでビックリ。狙っていた賞をいただけて光栄」

 初出場の大会で6冠。アジア女子と日本選手の1大会最多記録を塗り替えた。アジア・オリンピック評議会(OCA)は当初、MVPを制定しない方針を示していたが、急きょ設定された。

【続きを読む】

  • 現地のボランティアと記念撮影する池江(中央)。忘れられない高校最後の夏になった(撮影・松永渉平)
  • 池江がアジア大会で最高の輝きを放った。2年後の東京五輪へ確かな一歩を記した
  • ジャカルタ・アジア大会の閉会式で記念撮影する競泳の池江璃花子(前列左から4人目)、ブリッジの中尾共栄(同右から2人目)ら日本選手団=2日(共同)
  • ジャカルタ・アジア大会の閉会式でジャンプして記念撮影する競泳の池江璃花子(右端)ら日本選手団=2日(共同)
  • ボランティアや選手らと閉会式に参加した大会MVPの池江璃花子=ジャカルタ・ブンカルノ競技場(撮影・納冨康)
  • 大会MVPとなり、表彰をうけた池江璃花子=インドネシア・ジャカルタ(撮影・松永渉平)
  • 大会MVPとなり、表彰をうけた池江璃花子=インドネシア・ジャカルタ(撮影・松永渉平)
  • ジャカルタ・アジア大会のMVPに選ばれ、笑顔でトロフィーを掲げる競泳の池江璃花子。日本選手の1大会最多となる6冠を達成した=ジャカルタ(共同)
  • アジア大会のMVPに選ばれ、記者会見で笑顔を見せる競泳女子の池江璃花子(右)=ジャカルタ(共同)
  • 池江璃花子・今大会成績
  • アジア大会・MVPを獲得した日本選手
  • アジア大会・日本のメダル獲得数