2018.9.3 17:30(3/4ページ)

【動画初公開】香取慎吾がパラスポーツの魅力を発信「もっとSNSでつぶやくので1度でも会場に行ってみて」

【動画初公開】

香取慎吾がパラスポーツの魅力を発信「もっとSNSでつぶやくので1度でも会場に行ってみて」

特集:
SMAP解散
パラサポの山脇会長(左)に日本財団の施設内を案内される香取

パラサポの山脇会長(左)に日本財団の施設内を案内される香取【拡大】

◆平昌生観戦 

 --お二人は平昌冬季パラリンピックを現地で観戦されたそうですね

 山脇 「香取さんに楽しんでいただけたのが、うれしかったですね。会った選手や会場の雰囲気を一生懸命に伝えてもいただきました。パラスポーツって知れば知るほど奥が深くて、どんどん興味が湧いてくる。それを自分で解釈して、ファンに伝えられるところが素晴らしいです」

 香取 「平昌に行ったことは自分にとって大きかったんですよ。まだ実際に競技場で見てもいないのに『一緒に応援しましょう』って言うのと、現地へ行ったのでは全然違う。選手に会うまでは、体に触れていいものなのか、どう話したらいいのか、という思いがどこかにあったんですけど、どんどん打ち消されていきました。みなさんのパワーに触れて、こっちまで頑張ろうって思える部分が多かった」

 山脇 「非常に奥が深いんです。パラスポーツって見るだけで、いろいろなことが感じられて、何倍にもなって自分に返ってくる。私も最初、香取さんと何から話そうかと緊張しましたけど、一緒に観戦すれば、それだけで何年も一緒にいる仲間みたいになれる。そう改めて感じました」

 --最後に改めてパラスポーツの魅力とは

 山脇 「何ができないかではなくて、何ができるかを見せてくれるところです。私たちにいろんな気づきも与えてくれます。2012年にロンドンで初めてパラリンピックを見て、人間の潜在能力ってすごいなって驚きました。みなさんにも、その衝撃を知っていただきたいです」

 香取 「やっと(魅力を語る)スタートラインに立てたかなという感じです。最初はみなさんに知ってもらえるようにお伝えできたらなと思っていたんですけど、あまりにも自分が知らない部分が多すぎました。まずは1度でもいいし、何の競技でもいいから会場に足を運んでほしい。それで2年後の会場に行ってもらえたら、僕が平昌で味わった気持ちを感じてもらえると思います」

【続きを読む】

  • パラスポーツの魅力を語った香取慎吾
  • 自身が描いた壁画を背に記念撮影に応じる香取(右)とパラリンピックサポートセンター(パラサポ)の山脇康会長
  • パラサポの山脇会長(左)の話に耳を傾ける香取
  • 2020年東京パラリンピック・実施競技一覧