2018.9.3 17:30(1/4ページ)

【動画初公開】香取慎吾がパラスポーツの魅力を発信「もっとSNSでつぶやくので1度でも会場に行ってみて」

【動画初公開】

香取慎吾がパラスポーツの魅力を発信「もっとSNSでつぶやくので1度でも会場に行ってみて」

特集:
SMAP解散
パラスポーツの魅力を語った香取慎吾

パラスポーツの魅力を語った香取慎吾【拡大】

 2020年東京パラリンピックは、8月25日で開幕まで2年を迎えた。サンケイスポーツ(東京版)では前日24日付で月イチ特集「2020 GO TO TOKYO パラリンピック」の特別編として、日本財団パラリンピックサポートセンター(略称パラサポ)の山脇康会長(70)と、パラサポのスペシャルサポーターを務める元SMAPの香取慎吾(41)が2年後のイメージやパラスポーツの魅力を語り合った紙面を掲載。国際パラリンピック委員会(IPC)の特別親善大使に任命された香取はSNSも駆使しての全力応援を誓い、サンスポコムにスペシャル動画メッセージを寄せた。(取材構成・田代学、角かずみ)

◆会場満員に

 --どんな東京パラリンピックをイメージしていますか

 山脇 「会場は満員で、観客から『◯◯、頑張れ!』と選手が名前を呼ばれて声援を送られていたらうれしいですね。競技やルールの理解を深めて応援できたら、選手も素晴らしいパフォーマンスを発揮してお返しができる。そうなるように、できることは何でもします。迷ったら、まずやってみます」

 香取 「僕も応援に来てくれる方で会場が埋め尽くされたらって思ってきましたけど、最近は少し変わりました。『頑張れ!』だけじゃなくて、ミスったときに『何やってんだよ』って、ちゃんと言えるような応援までいけたらうれしい。選手と観客、お互いの心がちゃんとぶつかりあえるのがスポーツ。そのためにも、2年後に初めてパラスポーツを観戦するんじゃなくて、何の競技でもいいから会場に足を運んで見てほしい」

◆山脇会長&香取慎吾がスペシャル動画メッセージ

★8月24日付で掲載された2人の対談の紙面はこちらから購入できます。http://www.sanspo-eshop.com/product/3554/

【続きを読む】

  • 自身が描いた壁画を背に記念撮影に応じる香取(右)とパラリンピックサポートセンター(パラサポ)の山脇康会長
  • パラサポの山脇会長(左)に日本財団の施設内を案内される香取
  • パラサポの山脇会長(左)の話に耳を傾ける香取
  • 2020年東京パラリンピック・実施競技一覧