2018.9.4 09:00

日本メーカーの争い繰り広げられるアジアクロスカントリーラリー、参加選手たちの思いとは?

日本メーカーの争い繰り広げられるアジアクロスカントリーラリー、参加選手たちの思いとは?

 絶対王者いすゞD-MAX VS 王者奪取を狙うトヨタハイラックスREVO。タイで生産される日本メーカーのピックアップが熾烈な争いを続けているアジアクロスカントリーラリー(以下 AXCR)が、今年の夏も8月12日から18日の7日間(競技は6日間)にわたり、タイ~カンボジアで開催されました。

 昨年はいすゞの連勝に待ったをかけることができず2位に終わったトヨタですが、今年はなんと1位、2位、4位をD-MAXが占め、3位にも旧型の三菱トライトンに割って入られハイラックスREVOは5位が最上位と、いすゞの強さをまざまざと見せつけられた大会となりました。

アジアクロスカントリーラリー最強マシン、 いすゞD-MAX

王座奪取を狙うトヨタクロスカントリーチームタイランドのハイラックスREVO

三菱トライトン

 さて、そんな日本メーカーの争いが毎年繰り広げられられているアジアクロスカントリーラリー(AXCR)とはどんな競技なんでしょう。

 AXCRはWRCを代表とする、いわゆる「ラリー」とはちょっと違う「ラリーレイド」とか「クロスカントリーラリー」と呼ばれるカテゴリーのモータースポーツです。前者が短く区切られたSS(スペシャルステージ)を事前にレッキ(下見…というか緻密な調査?)して、本番では全速力でぶっ飛ばすスプリント競技に近い性格を持っているのに対し、後者は下見なし、初めて見る道を主催者から走行前日に渡されるコマ図と呼ばれるルートブックを頼りに突き進む、冒険色の強い競技です。

コマ図と呼ばれるルートブックは毎日、前日の夜に選手に渡されます。

 今年のAXCRに関しては、コースの総延長はタイとカンボジアにまたがる1900km。うち、タイム計測をする区間(SS)が800km。ドライバーと道案内役のコ・ドライバーが二人三脚で悪路や時として道とは思えないような極悪路をスタックしないように、崖から落ちないように、水没しないように、そして迷わないように、途中国境を超えながら力を合わせゴールを目指すのです。

 冒険色の強い競技ゆえに冒頭で述べたトヨタやいすゞのように頂点を目指すチームが参加する一方で、完走を目指し挑戦するプライベーターも多いのが特徴で、日本からも毎年多くの挑戦者がこの競技に参加しているのは意外に知られていないものです。俳優の哀川翔さんやタレントのヒロミさん。元F1ドライバーの片山右京選手、PWRCで2度の世界チャンピオンに輝く日本を代表するラリードライバー新井敏弘選手、元WGPライダーの青木拓磨選手なども挑戦してきました。

 今大会では哀川翔さんがドライバーとして3度目の挑戦をし、総合16位で完走を果たしています。ちなみに哀川翔さんが初出場の際コ・ドライバーをつとめたのは、新井選手と同じく日本を代表するラリードライバーの奴田原文雄選手でした。

俳優の哀川翔さんは、ドライバーとしてこのラリー3度目の挑戦です

 その他、普段はサラリーマンや公務員、学校の先生など様々な人がお盆休みと有給休暇をやりくりしながらこの競技に参加しています。トップグループの熾烈な争いをよそに、自分自身のベストタイムと完走を胸にゴールを目指し参加する人、実はかなり多いのです。そして病みつきになった人も多数。

 基本的にタイを起点に近辺諸国がゴールとなる事も多いAXCRは、毎日街から街へと移動するものの宿泊地は毎晩ホテルなので、競技はかなりワイルドではありますが夜はちゃんとベッドで寝られます。そんな「旅」の要素も多分にあって、そこもAXCRの魅力なのかもしれません。

 10年以上この競技の取材を続ける筆者にとっても、ソコはとても魅力的です。東南アジアの山の中、時にはジャングルに入り込み、観光では絶対に行くことのないであろう集落で1日撮影をし、夜はホテルでディナー。日本人の筆者にとっては車で地続きの隣国に入国するプロセスだけでも新鮮です。

陸路での入国審査は、日本人にはあまり機会のない経験です

 毎日過酷な戦いを続けるトップグループの選手と、過酷な非日常空間で自分との戦いに挑む選手、様々な参加者が夜になれば同じホテルで食事をとり、翌日また各々の戦いに向かう。そんな日々の繰り返しが大会期間中続きます。

 ちなみに、4輪に限って言えば、毎度毎度日本メーカーの車が勝ち続けるものの、23年の歴史の中で日本人ドライバーでその頂に立った者はたった1人です。かつてのF1パイロットもグランプリライダーもPWRCの世界チャンピオンも誰もまだその頂点には立っていません。敷居低く誰にでも挑戦権はあるものの、その頂点は実はとても高かったりするのです。それがアジアクロスカントリーラリーという競技なのです。 (高橋 学)