2018.9.3 19:22

塚原副会長、パワハラの有無と進退明言せず「私たちの言動は影響力が強い」/体操

塚原副会長、パワハラの有無と進退明言せず「私たちの言動は影響力が強い」/体操

日本体操協会の塚原光男副会長 

日本体操協会の塚原光男副会長 【拡大】

 リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江(18)のパワハラ告発を受けた、日本協会の塚原光男副会長(70)が3日、NHKの取材に応じ、2日に代理人弁護士を通じ、「宮川選手に直接謝罪させていただきたい」とするコメントを出したことについて、「こういう状況になってしまったのは私たちに責任がある。お詫び申し上げたい」と語った。

 またパワハラの有無は「第三者委員会の判断にゆだねたい」とし、自身の影響力については「権力というイメージの問題だと思う。私たちの言動は影響力が強いという認識を新たににした」と話した。自身の進退には「第三者委員会の調査の結果を待って検討していく」と明言を避けた。