2018.9.3 17:14

塚原副会長、音声データは「暴力問題があったから録音しておいた」/体操

塚原副会長、音声データは「暴力問題があったから録音しておいた」/体操

日本体操協会の塚原光男副会長 

日本体操協会の塚原光男副会長 【拡大】

 リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江(18)のパワハラ告発を受けた、日本協会の塚原光男副会長(70)が3日、TBSの取材に応じ、2日に代理人弁護士を通じ、「宮川選手に直接謝罪させていただきたい」とするコメントを出したことについて、「反論とか反撃ではなくて、自分たちの立場だとか考え方を伝えたい思いが優先してしまった」とその理由を語った。

 また宮川選手とのやり取りを録音した音声データについては、「研究室に一人一人を呼んで、情報収集していくことは日常的に行われている。(速見佑斗コーチの)暴力問題があったからそのために録音しておいた」と釈明した。