2018.9.2 23:18

ジョコ大統領、連続地震の被災地から閉会式出演/アジア大会

ジョコ大統領、連続地震の被災地から閉会式出演/アジア大会

特集:
アジア大会

 第18回アジア競技大会は2日、ジャカルタのブンカルノ競技場で閉会式が行われ、45カ国・地域から約1万1000人の選手が参加したスポーツの祭典が幕を閉じた。

 閉会式を欠席したインドネシアのジョコ大統領は、7月末から続く連続地震の被災地、西ヌサトゥンガラ州ロンボク島からの映像に出演。閉会式会場のスクリーンには、被災者の子どもらとテント内で過ごすジョコ氏の姿が映し出された。

 ジョコ氏は「大会は終わってもアジアの活力と魂はなくならない」と宣言し、インドネシアの金メダル獲得数について「目標をはるかに上回った」と称賛した。さらに「ロンボク島のために共に祈り、この前向きな活力を復旧と発展のために送ろう」と呼び掛けた。

 閉会式にはカラ副大統領が出席した。(共同)