2018.9.1 21:56

水球男子の稲場、得点王も笑顔なし「決定率を上げないといけない」/アジア大会

水球男子の稲場、得点王も笑顔なし「決定率を上げないといけない」/アジア大会

特集:
アジア大会

 ジャカルタ・アジア大会第15日(1日、インドネシア・ジャカルタほか)水球の男子決勝で、前回準優勝の日本はカザフスタンに7-8で敗れて48年ぶりの金メダルを逃した。

 日本の稲場は決勝で1ゴールを挙げて大会通算28得点とし、得点王に輝いた。ただチームが金メダルを逃したこともあり、笑顔はなかった。「決めないといけないところで決められなかった。決定率を上げないといけない。悔しい」と唇をかんだ。

 大本監督が「シュート力は10年に一人の選手」と高く評価する18歳。2年後の東京五輪でも活躍が期待されるホープは「筋力トレーニングを増やして、海外の選手に負けない体づくりをしていきたい」と声を絞り出した。(共同)