2018.8.31 23:30

ホッケー日本女子、初の金メダル/アジア大会

ホッケー日本女子、初の金メダル/アジア大会

特集:
アジア大会
インドを破って初優勝を果たし喜ぶホッケー女子日本の選手たち=ジャカルタ(共同)

インドを破って初優勝を果たし喜ぶホッケー女子日本の選手たち=ジャカルタ(共同)【拡大】

 ジャカルタ・アジア大会第14日(31日、インドネシア・ジャカルタほか)女子決勝で前回4位の日本が前回銅メダルのインドを2-1で破り、初優勝を果たした。日本男女通じて初の金メダルを獲得。

 日本は第1クオーターにPCから清水(ソニー)が先制。その後、追いつかれて1-1で折り返したが、第3クオーターに河村(コカ・コーラ)がPCから決勝ゴールを決めた。(共同)

 清水美並の話「とりあえずうれしい。信じられない。みんなで勝ち取った優勝。(先制点は)何度も練習していた形」

 内藤夏紀の話「日本にとって大きな出来事。若い選手と経験のある選手がミックスされたチーム。攻め込まれる場面も多かったが、勝ち切れて良かった」

河村元美の話「自分にチャンスが来たと思った。リラックスしていた。(決勝点が)入ったのでうれしかった。初めての優勝はすごいうれしい。それしかない」

アンソニー・ファリー日本女子監督の話「さらに進歩できることに照準を合わせたい。チャンスをしっかりものにすることが大事」

  • インドを破って初優勝を果たし、喜ぶ河村(手前)ら日本=ジャカルタ(共同)
  • ホッケー女子で金メダルを獲得し、喜ぶ日本の選手たち=ジャカルタ(共同)
  • 試合後胴上げされるキャプテンの内藤夏紀(2)=インドネシア・ジャカルタ(撮影・松永渉平)
  • 第3クオーター、2点目のゴールを決め喜ぶ河村(左)=ジャカルタ(共同)
  • 第3クオーター、ゴールを決め喜ぶ河村(右から3人目)ら=ジャカルタ(共同)