2018.8.31 23:32

F1日本GP、21年まで鈴鹿で

F1日本GP、21年まで鈴鹿で

特集:
2017F1日本GP

 鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは31日、自動車のF1世界選手権シリーズの運営会社との間で、来年から2021年までの3年間の開催契約に合意、調印したと発表した。開催権料は非公開。

 鈴鹿サーキットでは1987年にF1を初開催し、今年10月が30回目。2007、08年は静岡県の富士スピードウェイに開催権が移ったが、富士が2年で撤退し、その後は鈴鹿が開催し続けている。だが、日本人ドライバーの不在や、復帰したホンダの不振などで、昨年の入場者数は3日間で14万5000人と、過去の29回で最も少なかった。莫大(ばくだい)な開催権料の負担がネックとなり、契約更新が不安視されていた。