2018.8.30 11:00(1/2ページ)

【池田純 S-Businessの法則】チャンスは“緩さ”にあり!シアトルで見た米スポーツ界の今

【池田純 S-Businessの法則】

チャンスは“緩さ”にあり!シアトルで見た米スポーツ界の今

特集:
池田純 S-Businessの法則
マリナーズワイン

マリナーズワイン【拡大】

 先日、米大リーグ・マリナーズの本拠地、シアトルのセーフコ・フィールドを訪問しました。4歳の息子が「野球を見たい」と言い出し「それなら本場に」と家族で出かけたのです。

 今回改めて感じたのが、徹底的に楽しませようとするエンターテインメントとしての“環境”の充実度です。まず、飲食。定番のマリナーズ・ドッグ、チーズステーキサンドに炒飯まで。クラフトビールも種類が豊富で、ボトルで買えるワインは容器がまた格好良い。目当てだったクラムチャウダーに行き着かないほどでした。

 ショップには子供向けのユニホームやTシャツが並び、「私を野球に連れてって」の大合唱や音楽に乗せて花火が上がる「ファイアワークス・ナイト」など、食べて、買って、楽しんで…。3時間半、ほとんど野球を見ていなかったくらい、楽しめる“環境”がたくさん用意されていました。

 その街が、翌日にはメジャーリーグサッカー(MLS)のサンダース一色になるから驚きます。マイクロソフトの共同創業者で、プロフットボール(NFL)のシーホークスも持つポール・アレン氏が個人オーナーとしてエンターテインメント性を突き詰め、野球とNFLの街にサッカーも根付かせています。

 そこに見たのは「覚悟」と対照的な「緩さ」です。例えば日本でJリーグの会場に行くと、必死に応援する姿が目立つ一方で、“にわか”のファンがフラッと観戦できる「緩さ」はあまりなく、「覚悟」が要るように思います。

【続きを読む】