2018.8.29 21:38

柔道の志々目は銀に落胆/アジア大会

柔道の志々目は銀に落胆/アジア大会

特集:
アジア大会
ゴールデンスコアでウズベキスタンの選手に一本負けした志々目徹=ジャカルタ(撮影・納冨康)

ゴールデンスコアでウズベキスタンの選手に一本負けした志々目徹=ジャカルタ(撮影・納冨康)【拡大】

 ジャカルタ・アジア大会第12日(29日、インドネシア・ジャカルタほか)男子60キロ級の志々目は決勝で優勝候補のウロズボエフ(ウズベキスタン)を攻めあぐねた。ゴールデンスコア方式の延長で横落としに傾いて技ありの判定。「ぎりぎり残せたかな」という思いは通じなかった。

 妹で52キロ級の愛(了徳寺学園職)が昨年に世界女王となり「どこに行っても『愛の兄ちゃん』と言われるようになってきているので、悔しい」とアピールを期した今大会。前回の3位は上回ったものの「勝つことに意味がある。(2位では)何の意味もない」と落胆していた。(共同)