2018.8.28 05:03(2/2ページ)

御嶽海、大関昇進で改名意欲!両国、大錦「名乗ってみたい」

御嶽海、大関昇進で改名意欲!両国、大錦「名乗ってみたい」

大相撲秋場所の番付表を手にする関脇御嶽海=東京都墨田区の出羽海部屋

大相撲秋場所の番付表を手にする関脇御嶽海=東京都墨田区の出羽海部屋【拡大】

 出羽海部屋付きの中立親方(元小結小城錦)は長野・御嶽山(おんたけさん)にちなんだ御嶽海のしこ名は「故郷にもなじみ、応援も根付いている」と現状を指摘する。だが、御嶽海自身は「歴史ある部屋だからこそ、しこ名を受け継げる。その資格を備えて許されるものなら名乗ってみたい。それが伝統だから」。こんな古風な気概も頼もしい。 (奥村展也)

★昇進の状況

 大関昇進の目安は「直近3場所を三役で33勝以上」とされ、御嶽海は5月の夏場所を小結で9勝、7月の名古屋場所は13勝2敗で制した。八角理事長(元横綱北勝海)は御嶽海の大関とりについて「(秋場所は)そういうことになるだろう」としている。

 昇進を預かる審判部の阿武松審判部長(元関脇益荒雄)は先場所は3横綱が全休と途中休場で中盤までに不在となり、大関栃ノ心も途中休場したことに言及。数合わせではなく「(秋場所は)それを踏まえ、内容が大きく加味される」との見解を示している。

★秋場所アラカルト

 ◆栃ノ心 自身初のかど番。大関2場所目でのかど番は、「大関は連続2場所負け越しで関脇へ降下。翌場所10勝以上した場合は大関に復帰できる」という昭和44年名古屋場所以降の現行制度になって以来、平成12年秋場所の雅山以来8人目

 ◆御嶽海 2場所連続の関脇。三役は10場所連続

 ◆隆の勝 千賀ノ浦部屋の新入幕は、現師匠が平成28年4月に継承してから初めて。部屋としては平成23年秋場所の舛ノ山(現舛乃山)以来

 ◆常幸龍 平成28年夏場所以来14場所ぶりの十両復帰。三役経験者が三段目に降下して十両へ戻るのは、十両が地位として明確になった明治21年1月場所以降初めて

出羽海部屋

 明治24年設立。「角聖」と称された第19代横綱常陸山が大正3年に引退して継承し、部屋の隆盛を築く。保守本流の出羽海一門の中核で相撲界屈指の伝統と威厳を誇るとされ、昭和6年春、夏場所では幕内力士20人を擁して番付の片側を占めたこともある。輩出した横綱は栃木山、常ノ花、佐田の山らから直近では三重ノ海まで歴代最多の9人。元関脇の鷲羽山や出羽の花、元小結舞の海ら多くの個性派も生んでいる。現在の師匠、元幕内小城ノ花は平成26年2月に部屋を継承。名古屋場所の番付では関脇御嶽海ら力士15人が所属。部屋の所在地は東京都墨田区両国。

  • 番付表を手に笑顔を見せる御嶽海。大関とりに挑戦する
  • 新番付が発表されポーズをとる関脇御嶽海=出羽海部屋
  • 大相撲秋場所の番付表を手にする関脇御嶽海=出羽海部屋
  • 御嶽海・最近1年の成績