2018.8.27 22:28(1/2ページ)

【SUZUKA 10HOUR】新生NSX GT3は予選をどう戦ったのか?

【SUZUKA 10HOUR】

新生NSX GT3は予選をどう戦ったのか?

  • 【SUZUKA10HOUR】新生NSXGT3は予選をどう戦ったのか?
  • 【SUZUKA10HOUR】新生NSXGT3は予選をどう戦ったのか?
  • 【SUZUKA10HOUR】新生NSXGT3は予選をどう戦ったのか?
  • 【SUZUKA10HOUR】新生NSXGT3は予選をどう戦ったのか?
  • 【SUZUKA10HOUR】新生NSXGT3は予選をどう戦ったのか?
  • 【SUZUKA10HOUR】新生NSXGT3は予選をどう戦ったのか?
  • 【SUZUKA10HOUR】新生NSXGT3は予選をどう戦ったのか?
  • 【SUZUKA10HOUR】新生NSXGT3は予選をどう戦ったのか?
  • 【SUZUKA10HOUR】新生NSXGT3は予選をどう戦ったのか?

 8月25日に8月25日に行われたSUZUKA 10HOURの予選・BBS EXCITING ATTACK。不運のクラッシュからマシンを新車にスイッチしてチームを復活させたModulo Drago Corseは、このBBS EXCITING ATTACKをどのように戦ったのでしょう。

 SUZUKA 10HOURの予選・BBS EXCTING ATTACKは、Q11で3人のドライバーが一人ずつアタックし、上位20台がQ2・Pole Shootoutへ進みます。34号車は18番手のタイムでPole Shootoutへ進出を果たしました。

 そのPole Shootoutをドライブするのは小暮卓史選手。

 15分のPole Shootout、前半の5分は様子見とクリアラップ確保のためかなかなかスタートしません。そしておおむね6分に近くなった頃にコースインをしていきます。

 コースイン後は徐々にタイムを上げていく感じで周回を重ねていきます。そして終了5分前頃にフルアタックを開始。2分3秒台のラップタイムを記録しましたが、四輪脱輪をしてしまいます。その様子をモニタでチェックしていた道上選手は無線で「そのままもう一回!」と指示を飛ばしました。

 それに応えた小暮選手は再度アタックを継続しますが時はすでに終了間際。このラップ、快調にタイムを縮めて逝ったかのように見えましたがデグナーカーブで痛恨のスピン、コースアウト。これで赤旗中断となり予選は終了してしまいます。先ほどの脱輪でPole Shootoutでのベストタイムが抹消され結果、23位で決勝を迎えることになりました。

 この赤旗裁定には賛否両論ありますが、正式結果として出てしまった以上は各チームともに従わなくてはいけません。また、たらればの話をしたとしても赤旗が提示されることなくもう一度アタックが出来たとしても2分3秒台前半の予想が精一杯という途中経過のタイムとなります。

【続きを読む】