2018.8.26 22:54

空手インドネシアに16年ぶり金/アジア大会

空手インドネシアに16年ぶり金/アジア大会

特集:
アジア大会

 ジャカルタ・アジア大会第9日(26日、インドネシア・ジャカルタほか)空手男子組手60キロ級でインドネシアのリフキアルディアンスヤ・アロシードが初優勝した。空手でのインドネシア勢の金メダルは16年ぶり。

 インドネシア代表関係者によると、空手は国内で「五指に入る」ほどの人気スポーツだという。アロシードは「神に感謝している。応援してくれてありがとう」と感謝の気持ちを述べ、国旗を掲げて大歓声に応えた。(共同)