2018.8.25 20:37

中村美里、苦しい闘い「体が反応しなかった」/柔道

中村美里、苦しい闘い「体が反応しなかった」/柔道

女子52キロ級2回戦 五味奈津実(上)に敗れた中村美里=兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館

女子52キロ級2回戦 五味奈津実(上)に敗れた中村美里=兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館【拡大】

 柔道の全日本実業個人選手権第1日は25日、兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館で行われ、2008年北京、12年リオ五輪で3位、世界選手権3度優勝の実績を誇る中村美里(三井住友海上)は、女子52キロ級の2回戦で敗退した。

 世界選手権3度優勝の中村は苦しい闘いだった。組み手では優位に立つものの、なかなか技を繰り出せない。2回戦は延長で技ありを奪われた。「投げが戻ってきていない。体が反応しなかった」と振り返った。

 リオデジャネイロ五輪後に長期休養。3月に東京都選手権で復帰した。東京五輪挑戦については「何とも言えない」と言葉を濁し、「出られる試合に出る」と説明した。

  • 女子52キロ級2回戦五味奈津実(右)に敗れた中村美里=兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館