2018.8.24 10:00(1/4ページ)

【サンスポ×日体大】ポセイドンJ、東京でメダル奪還へ!まずはアジアで金/水球

【サンスポ×日体大】

ポセイドンJ、東京でメダル奪還へ!まずはアジアで金/水球

特集:
サンスポ×日体大
日体大の横浜・健志台キャンパスで汗を流す足立(奥)。女性ファンの多いイケメンエースが東京五輪でメダル獲得を狙う (撮影・山田俊介)

日体大の横浜・健志台キャンパスで汗を流す足立(奥)。女性ファンの多いイケメンエースが東京五輪でメダル獲得を狙う (撮影・山田俊介)【拡大】

 2020年東京五輪開幕まで、24日で700日。出身大学別最多の夏季五輪メダリスト62人を輩出している日体大とコラボレーションした長期連載の第10回は、躍進する水球男子日本代表「ポセイドンジャパン」に迫る。日本代表の大半を占める水泳部水球ブロック部長の大本(おおもと)洋嗣・同大体育学部体育学科教授(51)は、代表も指揮する。日体大と日本代表の強さの秘密に迫った。 (取材構成・角かずみ)

 進化が止まらない。水球男子日本代表「ポセイドンジャパン」は6月にブダペストで行われた世界のトップ8カ国で争われるワールドリーグ(WL)で、国際水泳連盟(FINA)主催の国際大会では過去最高の4位に輝いた。2016年リオデジャネイロ五輪で1988年ソウル大会以来28年ぶりにメダルを逃したバレーボール女子などの団体競技の中で、20年東京五輪での活躍を予感させるのがポセイドンジャパンだ。

【続きを読む】

  • 【サンスポ×日体大コラボ東京五輪700日前企画日体大水球部】(前列左から)吉田拓馬、福島丈貴、足立聖弥、高田充、荒井陸、(後列左から)飯田純士、志賀光明、荒木健太
  • 水球男子・日本代表メンバー
  • 水球男子・日本の過去の五輪成績
  • 水球男子・アジア大会日本の日程