2018.8.21 22:09

渡辺、0秒01及ばず「小関さんの気迫に負けた」 200m平/アジア大会

渡辺、0秒01及ばず「小関さんの気迫に負けた」 200m平/アジア大会

特集:
アジア大会
男子200メートル平泳ぎで優勝し、金メダルを手にする小関也朱篤(左)と2位の渡辺一平=ジャカルタ(共同)

男子200メートル平泳ぎで優勝し、金メダルを手にする小関也朱篤(左)と2位の渡辺一平=ジャカルタ(共同)【拡大】

 ジャカルタ・アジア大会第4日(21日、インドネシア・ジャカルタ)競泳男子200メートル平泳ぎは小関也朱篤(ミキハウス)が2分7秒81で制し、0秒01差の2位に渡辺一平(早大)が入った。

 男子200メートル平泳ぎの渡辺は最後の15メートルで驚異の追い上げ。ひとかきごとに小関に迫り、ほぼ同時にタッチ板をたたいたが、0秒01及ばず天を仰いだ。「最後は無心で泳いだ。小関さんの気迫に負けたんじゃないかと思う」と肩を落とした。

 今季は冬場に足の故障でキックの練習が十分できず、7月には体調不良も抱えていた。それでもパンパシフィック選手権は小関を退け、6月から2分7秒台を連発しているのは地力の証しと言える。「うまくいくこともあれば、うまくいかないこともある。この悔しさを忘れず、次につなげたい」と、力強く挽回を期した。(共同)