2018.8.21 19:46

ホッケー日本女子、安定した戦いで完勝/アジア大会

ホッケー日本女子、安定した戦いで完勝/アジア大会

特集:
アジア大会
第3クオーター、ゴールが決まり喜ぶ山田(左から4人目)ら=ジャカルタ(共同)

第3クオーター、ゴールが決まり喜ぶ山田(左から4人目)ら=ジャカルタ(共同)【拡大】

 ジャカルタ・アジア大会第4日(21日、インドネシア・ジャカルタ)ホッケー1次リーグで女子A組の日本は香港を6-0で下し、初戦から2連勝とした。山田と錦織(ともにコカ・コーラ)が2得点ずつマークした。

 女子の日本はほとんどの時間を相手陣内でプレーし、6-0で香港に完勝した。ゴール前を固める相手にてこずる場面もあったが、後半から徐々に攻撃のリズムが良くなった。

 内藤は「シュート数に対して得点力が低かったのは課題」としながらも、「後半からパステンポを意識して上げ、うまく攻めることができた」と振り返る。2得点と活躍した山田は「2戦終えて、いい形で得点できている。(次戦の)中国戦では今までで一番いいゲームをやっていきたい」と前を見据えた。(共同)

  • 日本-香港第1クオーター、攻め込む真野=ジャカルタ(共同)
  • 日本-香港第1クオーター、攻め込む山田(左)=ジャカルタ(共同)