2018.8.21 10:00(1/3ページ)

【科学特捜隊】7週間で11キロ!プロボクサー驚異の減量作戦、小原王座奪回に密着

【科学特捜隊】

7週間で11キロ!プロボクサー驚異の減量作戦、小原王座奪回に密着

特集:
科学特捜隊
減量を開始した試合7週前の小原

減量を開始した試合7週前の小原【拡大】

 科学的なアプローチでスポーツに斬り込むサンケイスポーツ東京発刊55周年企画「科学特捜隊」の第15回は、過酷とされるプロボクシングの減量に迫る。9日に行われたWBOアジア・パシフィック・ウエルター級タイトルマッチで、4カ月ぶりに王座を奪回した小原佳太(31)=三迫。リングに立つまで、パワーは落とさずに体重を11キロも減らすことに成功。試合の7週間前から取り組んだ画期的な「永末(ながすえ)式水抜き法」による減量に密着した。 (取材構成・伊藤隆)

 体重によって17階級に細分化されているプロボクシング。体格が同等の選手同士が戦う公平性を担保したものだが、最近は体重超過による失格が国内外で続出している。

 「減量に失敗するのは知識がないということ。そして、誘惑に負けてしまうことが原因でしょう」

 冷静に分析するのは、「最も減量に精通したプロボクサー」と自称する小原佳太。王座に返り咲いたWBOアジア・パシフィック・ウエルター級タイトルマッチ(9日、後楽園ホール)まで、約11キロの減量に励んだ。

 小原が2014年4月の試合前から採用しているのは、東京・練馬のジム「トライブ東京MMA」のトレーナー、永末貴之氏(37)が医師や栄養士らのアドバイスを受けて編み出した「永末式水抜き」。計量前日に4~5キロを一気に落とす画期的なもので、直前まで食事、水分を摂取できるメリットがある。

 従来の減量法は計量1週間前から食物、水分を絶つことが少なくない。飢え、渇きで体を動かせず、伴うのは苦しさだけ。「水抜き」は減量のデメリットを最小限まで軽減できる。

 緻密な作業が必要になる。減量開始前に上半身、下半身を中心に徹底的なウエートトレーニングで筋肉量を増やす。パワーアップの狙いもあるが、筋肉は水分の貯蔵タンク。筋肉量が増えることで、水分をより多くため込むことができる。

【続きを読む】

  • 減量を開始した試合6週前の小原
  • 試合まで1週間の小原
  • 筋肉にためこんだ水を抜いたら、あら不思議…65・4キロに
  • 計量失敗したルイス・ネリ