2018.8.19 22:52

競泳女子200平で鈴木が「金」 男子100背の入江は3連覇逃す/アジア大会

競泳女子200平で鈴木が「金」 男子100背の入江は3連覇逃す/アジア大会

特集:
アジア大会
女子100メートル平泳ぎで優勝し、ガッツポーズする鈴木聡美=ジャカルタ(共同)

女子100メートル平泳ぎで優勝し、ガッツポーズする鈴木聡美=ジャカルタ(共同)【拡大】

 ジャカルタ・アジア大会第2日(19日、インドネシア・ジャカルタ)競泳男子200メートルバタフライで瀬戸大也(ANA)が1分54秒53で2連覇を達成し、幌村尚(早大)が2位に入った。女子は100メートル平泳ぎで鈴木聡美(ミキハウス)が1分6秒40の大会新記録で優勝し、青木玲緒樹(ミキハウス)は0秒05差の2位で続いた。400メートルリレーは日本(池江、酒井、青木智、五十嵐)が3分36秒52の日本新記録で制した。

 男子は100メートル背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)が52秒53の2位で3連覇を逃した。金子雅紀(イトマン東進)は4位。200メートル自由形で松元克央(セントラルスポーツ)は1分46秒50の2位、江原騎士(自衛隊)は5位だった。

 女子の200メートル背泳ぎは17歳の酒井夏海(スウィン南越谷)が2分8秒13の高校新記録で2位、赤瀬紗也香(ANAエアポートサービス)は4位だった。1500メートル自由形は小堀倭加(神奈川・湘南工大付高)が16分18秒31で3位、森山幸美(日体大)が4位。(共同)

鈴木聡美の話「100メートルで金メダルを取れたことは非常にうれしい。自分のレースに集中できたので、50メートルで連覇を狙っていく」

青木玲緒樹の話「金メダルを目指していたので悔しい。200メートルでは自己ベスト更新を狙っていく」

松元克央の話「タイムが良くなく、自分のレースをできなかった。情けないが、2位になれたことは光栄」

金子雅紀の話「思ったより最後の25メートルでばてた。結果は悔しいけど、この後の種目で良いタイムを狙えるようにしたい」

入江陵介の話「悔しい気持ちが強いが、負けは負け。切り替えて200メートルで金メダルを取れるように頑張る」

森山幸美の話「最初のスピードが出ていなかった、と泳ぎながら思った。800メートル自由形ではスピードを出せるようにしたい。立て直したい」

酒井夏海の話「2分7秒台を出せればもっとよかったが、初めての(国際大会の)メダルでうれしい。最後も粘りきれなかったが、結果には満足している」

赤瀬紗也香の話「感覚とタイムが最後まで一致しなかった。世界はレベルアップしている。ついていかなければいけないと感じた」

江原騎士の話「悔しいし、情けない。松元は連戦でも2位に入る強さを見せた。そこをリスペクトしつつ、自分も(地力)を上げていきたい」

幌村尚の話「自己ベストにはほど遠いが、今のコンディションではよく泳げたと思う。不安もあったが、最後まで諦めずに泳げた」

小堀倭加の話「初の国際大会のメダルはうれしいが、タイムに悔いが残る。前半速く入った分、後半落ちたので、2年後(の東京五輪)に向けて改善したい」

池江璃花子の話「リレーが一番初めて(の種目になるの)はあまりなくて焦る気持ちがあったが、チームみんなで戦えて金メダルを取ることができてうれしい」

五十嵐千尋の話「目標は日本新と金メダルだった。3人の思いと期待を持って頑張って泳いだ」

青木智美の話「中国との戦いだと思っていた。ここで競り勝ったのは、今後にいい流れができたと思う」

酒井夏海の話「(背泳ぎは)2分7秒台を出せればもっとよかったが、初めての(国際大会の)メダルでうれしい。粘りきれなかったが結果には満足している。(リレーは)まさか自分が泳ぐことになるとは思わなかった。できる限りの力は出せたかなと思う」

  • 女子100メートル平泳ぎ決勝1位の鈴木聡美=ジャカルタ(撮影・納冨康)
  • 女子100メートル平泳ぎ決勝1位の鈴木聡美と、手前は2位の青木玲緒樹=ジャカルタ(撮影・納冨康)
  • ジャカルタ・アジア大会の競泳女子100メートル平泳ぎで優勝した鈴木聡美=19日、ジャカルタ(共同)
  • ジャカルタ・アジア大会の競泳女子100メートル平泳ぎで優勝した鈴木聡美=19日、ジャカルタ(共同)
  • ジャカルタ・アジア大会の競泳女子100メートル平泳ぎで優勝し、金メダルを手に笑顔の鈴木聡美=19日、ジャカルタ(共同)
  • 男子100メートル背泳ぎ決勝2位の入江陵介=ジャカルタ(撮影・納冨康)
  • 男子100m背泳ぎ決勝2位の入江陵介=ジャカルタ(撮影・納冨康)
  • 男子100メートル背泳ぎ決勝2位の入江陵介=ジャカルタ(撮影・納冨康)
  • 男子100メートル背泳ぎ決勝2位となり悔しげな表情の入江陵介=ジャカルタ(共同)
  • 女子200メートル背泳ぎで2位になり、メダルを手に笑顔の酒井夏海=ジャカルタ(共同)
  • 男子200メートル自由形で2位に入り、メダルを手に笑顔の松元克央=ジャカルタ(共同)
  • 女子200メートル背泳ぎ決勝力泳する赤瀬紗也香=ジャカルタ(共同)