2018.8.16 19:59

旗手務める上野由岐子「大役堂々と」 ソフト、バド代表が現地入り/アジア大会

旗手務める上野由岐子「大役堂々と」 ソフト、バド代表が現地入り/アジア大会

特集:
アジア大会
ジャカルタの空港に到着し、記者の取材に笑顔で応じるソフトボールの上野由岐子=16日(共同)

ジャカルタの空港に到着し、記者の取材に笑顔で応じるソフトボールの上野由岐子=16日(共同)【拡大】

 18日開幕のジャカルタ・アジア大会の開会式で日本選手団の旗手を務めるソフトボール代表のエース上野由岐子(ビックカメラ高崎)が16日、チームとともにジャカルタに到着し「大役に任命していただいたので、堂々としたい」と抱負を述べた。

 5連覇の懸かる日本は今月の世界選手権で2位となり、今大会も圧倒的な優勝候補。上野は「結果を残して、日本選手団にいい風を吹かせたい」ときっぱり宣言した。

 今夏の世界選手権で史上最多6個のメダルを獲得したバドミントンの代表も現地入り。男子シングルスで世界一に輝いた桃田賢斗(NTT東日本)は「目標は金メダル二つ。積極的に攻めていく」と団体戦との2冠をにらんだ。女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)は群雄割拠の争いへ「頂点を取るため、一つ一つの試合が大事になる」と気を引き締めた。

 ソフトボール、バドミントンとも19日から競技が始まる。(共同)

  • ジャカルタの空港に到着したソフトボールの上野由岐子(手前)ら=16日(共同)
  • ジャカルタ・アジア大会に向け出発するバドミントン男子の桃田賢斗(中央)ら=羽田空港
  • ジャカルタ・アジア大会に向け出発するソフトボール女子の上野由岐子(右)ら=羽田空港