2018.8.12 23:02

渡辺が大会新記録で金、鈴木は銅 200平 リレー女子は日本新で3位/競泳

渡辺が大会新記録で金、鈴木は銅 200平 リレー女子は日本新で3位/競泳

女子200メートル平泳ぎ決勝 3位に入りガッツポーズの鈴木聡美=東京辰巳国際水泳場

女子200メートル平泳ぎ決勝 3位に入りガッツポーズの鈴木聡美=東京辰巳国際水泳場【拡大】

 水泳のパンパシフィック選手権第4日は12日、東京辰巳国際水泳場で行われ、競泳男子200メートル平泳ぎで世界記録保持者の渡辺一平(早大)が2分7秒75の大会新記録で金メダルを獲得した。小関也朱篤(ミキハウス)は2分8秒25の4位。

 男子200メートル背泳ぎは入江陵介(イトマン東進)が1分55秒12で2位に入り、100メートルに続いて今大会二つ目の銀メダルを獲得した。

 400メートルメドレーリレーの男子で日本(入江、小関、小堀、中村)が3分30秒25で2位に食い込んだ。女子は日本(酒井、青木玲、池江、青木智)が3分55秒03の日本新記録で3位となった。

 女子200メートル平泳ぎは鈴木聡美(ミキハウス)が2分22秒22で3位に入った。青木玲緒樹(ミキハウス)は4位だった。女子50メートル自由形の18歳、池江璃花子(ルネサンス)は24秒60の6位で表彰台を逃した。

 今大会から実施の国別対抗戦は米国が447・5点で優勝し、日本は318点で3位だった。

  • 女子200メートル平泳ぎ決勝3位に入った鈴木聡美=東京辰巳国際水泳場
  • 女子200メートル平泳ぎで3位に入り、表彰台で笑顔の鈴木聡美=東京辰巳国際水泳場
  • 女子200メートル背泳ぎ決勝力泳する酒井夏海=東京辰巳国際水泳場
  • 女子200メートル背泳ぎ決勝でスタートする酒井夏海=東京辰巳国際水泳場
  • 女子200メートル背泳ぎ決勝力泳する酒井夏海=東京辰巳国際水泳場
  • 女子1500メートル自由形で力泳する小堀倭加=東京辰巳国際水泳場