2018.8.12 18:33

3年で初出場の檀野芽紅が優勝「次は全日本学生選手権で」/高校総体

3年で初出場の檀野芽紅が優勝「次は全日本学生選手権で」/高校総体

女子63キロ級決勝で京都学園・勝部桃を破り優勝した星翔・檀野芽紅=津市産業SC

女子63キロ級決勝で京都学園・勝部桃を破り優勝した星翔・檀野芽紅=津市産業SC【拡大】

 全国高校総体(インターハイ)第12日は12日、津市産業SCなどで行われ、柔道女子は78キロ超級で春の高校選手権無差別級覇者の高橋瑠璃(東京・帝京)が優勝した。78キロ級は長谷川瑞紀(兵庫・夙川学院)が制し、団体との2冠を達成。63キロ級は檀野芽紅(大阪・星翔)、70キロ級は1年の桑形萌花(兵庫・夙川学院)が頂点に立った。

 柔道女子63キロ級は3年で総体個人戦初出場の檀野が一気に頂点をさらった。優勢勝ちなどでしぶとく勝ち上がると、決勝は残り3秒で一本勝ち。監督や仲間から祝福され「優勝できると思っていなかった」と涙が止まらなかった。

 全国大会での実績はなかったが「最後の大会。全部出し切る気持ちで」と目の前の試合に集中した。決勝ではこれまで3戦全敗だったという勝部(京都学園)を豪快な内股で沈めて歓声に包まれ「得意技ではないのでびっくり。次は全日本学生選手権で優勝したい」と力強く話した。

  • 女子63キロ級決勝で京都学園・勝部桃(下)を破り優勝した星翔・檀野芽紅=津市産業SC