2018.8.11 20:16

池江璃花子、日本新で金! 小堀倭加は高校新で6位/競泳

池江璃花子、日本新で金! 小堀倭加は高校新で6位/競泳

1位の池江璃花子=東京辰巳国際水泳場(撮影・納冨康)

1位の池江璃花子=東京辰巳国際水泳場(撮影・納冨康)【拡大】

 水泳のパンパシフィック選手権第3日は11日、東京辰巳国際水泳場で行われ、競泳女子100メートルバタフライは池江璃花子(ルネサンス)が56秒08の日本新記録をマークし、主要国際大会で初めて金メダルを獲得した。池江の個人種目のメダルは200メートル自由形(9日)の銀に続いて2個目。

 女子400メートル自由形で小堀倭加(神奈川・湘南工大付高)が4分9秒04の高校新記録で泳ぎ、6位となった。

 女子200メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)と寺村美穂(セントラルスポーツ)が出場し、男子200メートル個人メドレーは萩野公介(ブリヂストン)瀬戸大也(ANA)が、チェース・ケイリシュ(米国)に挑む。

小堀倭加の話「高校新は良かったが、4分8秒台を目指していたので悔しさもある。アジア大会でも自己ベストを出して、2年後(の東京五輪)に勢いをつけたい。

  • 女子100メートルバタフライを日本新記録で優勝し、歓声に応える池江璃花子=東京辰巳国際水泳場
  • 女子100mバタフライ決勝で優勝した池江璃花子=東京辰巳国際水泳場(撮影・納冨康)
  • 女子100mバタフライ大会新記録を出した池江璃花子=11日午前、東京都江東区・東京辰巳国際水泳場(納冨康撮影)
  • 女子100mバタフライ大会新記録を出した池江璃花子=11日午前、東京都江東区・東京辰巳国際水泳場(納冨康撮影)
  • 女子100mバタフライ大会新記録を出した池江璃花子=11日午前、東京都江東区・東京辰巳国際水泳場(納冨康撮影)
  • 女子100mバタフライ大会新記録を出した池江璃花子=11日午前、東京都江東区・東京辰巳国際水泳場(納冨康撮影)