2018.8.11 19:02

柔道女子団体は夙川学院 新体操女子は柴山が2連覇/高校総体

柔道女子団体は夙川学院 新体操女子は柴山が2連覇/高校総体

女子団体で優勝し、笑顔を見せる夙川学院の選手ら=津市産業SC

女子団体で優勝し、笑顔を見せる夙川学院の選手ら=津市産業SC【拡大】

 全国高校総体(インターハイ)第11日は11日、津市産業SCなどで行われ、柔道女子は団体決勝で世界選手権代表の阿部詩を擁する夙川学院(兵庫)が敬愛(福岡)を破り、24年ぶり4度目の優勝を飾った。48キロ級は2年の古賀若菜(福岡・南筑)が2連覇。52キロ級は藤本彩月(敬愛)、57キロ級は岡田恵里佳(京都・立命館宇治)が制した。

 新体操の個人総合は、女子でジャカルタ・アジア大会代表の柴山瑠莉子(千葉・クラーク)が31・450点で2連覇した。男子は向山蒼斗(東京・国士舘)が35・000点で優勝。サッカー男子は桐光学園(神奈川)、昌平(埼玉)、山梨学院、東山(京都)が12日の準決勝に進んだ。

  • 女子団体で優勝し、笑顔を見せる阿部詩(左)ら夙川学院の選手=津市産業SC
  • 女子団体決勝敬愛・多田純菜(左)を破った夙川学院・阿部詩=津市産業SC
  • 女子団体決勝敬愛・多田純菜(左)を破った夙川学院・阿部詩=津市産業SC