2018.8.10 05:01

萩野、2位に充実感「すごくうれしい」/競泳

萩野、2位に充実感「すごくうれしい」/競泳

特集:
萩野公介
男子400メートル個人メドレーの表彰式で握手する2位の萩野公介(左)と3位の瀬戸大也。中央は優勝したチェース・ケイリシュ=東京辰巳国際水泳場

男子400メートル個人メドレーの表彰式で握手する2位の萩野公介(左)と3位の瀬戸大也。中央は優勝したチェース・ケイリシュ=東京辰巳国際水泳場【拡大】

 パンパシフィック選手権第1日(9日、東京辰巳国際水泳場)萩野公介(23)は男子400メートル個人メドレーで自己ベストに遠く及ばない4分11秒13で2位。それでも予選から自分に集中した納得の泳ぎを見せ、「久しぶりに予選でいいレースができてすごくうれしかった。20年の東京五輪がやってくるという気持ちになれた一日だった」と充実感をにじませた。指導する平井コーチも「ようやくスタートラインに立てた」と評価した。

  • 男子400メートル個人メドレー決勝2位に入った萩野公介の平泳ぎ左は優勝したチェース・ケイリシュ=東京辰巳国際水泳場
  • 男子400メートル個人メドレー決勝プールから上がり健闘を称える瀬戸大也(左)と萩野公介=東京辰巳国際水泳場(撮影・納冨康)
  • 男子400メートル個人メドレー決勝プールから上がる2位の萩野公介(奥)=東京辰巳国際水泳場(撮影・納冨康)
  • 男子400メートル個人メドレー決勝手前は3位の瀬戸大也後方左は2位の萩野公介=東京辰巳国際水泳場(撮影・納冨康)
  • 男子400メートル個人メドレー決勝2位の萩野公介手前は瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場(撮影・納冨康)
  • 男子400メートル個人メドレー予選萩野公介の背泳ぎ=東京辰巳国際水泳場