2018.8.10 05:02(1/2ページ)

日大チア女性監督、パワハラで解任…女子部員に「学校の恥。今すぐ脱げ」

日大チア女性監督、パワハラで解任…女子部員に「学校の恥。今すぐ脱げ」

 日大応援リーダー部(競技チアリーディング部)の女子部員が9日、女性監督から暴言などのパワハラを受けていたとする声明を、代理人弁護士を通じて公表した。声明では、自殺を考えるほど精神的に追い詰められ、学内の保健体育審議会(保体審)に助けを求めたが、対応を打ち切られたとしている。日大は同日付で女性監督を解任したと発表した。

 アメリカンフットボール部の悪質反則問題に揺れる日大で、新たな問題が浮上した。声明によると、パワハラ行為があったのは今年2月上旬。女子部員は当時、負傷のために受けた手術の術後経過が悪く、リハビリを続けたいと希望していた。

 監督は、部員が強豪である出身高校のウエアを着用していたのを見とがめ「過去の栄光にすがりついている」「学校の恥だよ。今すぐ脱げ」と非難。また、大雪の日に大学の事務員に頼んで練習を中止にしようと画策したと身に覚えのないことでとがめた。けがの具合も疑い「ずる賢いばかは嫌い」と大会に強行出場させようとしたという。

 部員の親も声明を出し、他の複数の部員が「監督の言動に影響されていじめ行為を行っていた」と主張。こうした恐怖から「娘は部活には戻れませんでした」とし、体調を崩して通学もできていないと訴えた。代理人によると部員は「自殺を図ろうとするまでに追い詰められた」という。

【続きを読む】