2018.8.7 17:37

萩野、五輪会場視察し好印象「完成が楽しみ」/水泳

萩野、五輪会場視察し好印象「完成が楽しみ」/水泳

特集:
萩野公介
建設が進む「五輪水泳センター」を背景に記念撮影する瀬戸大也(手前左)、萩野公介(右端)ら競泳日本代表=7日午後、東京都江東区

建設が進む「五輪水泳センター」を背景に記念撮影する瀬戸大也(手前左)、萩野公介(右端)ら競泳日本代表=7日午後、東京都江東区【拡大】

 9日に開幕する水泳のパンパシフィック選手権に出場する競泳選手らが7日、2020年東京五輪・パラリンピック会場の「五輪水泳センター」(江東区)を視察し、日本のエース萩野公介(ブリヂストン)は「着実にできてきて、完成が楽しみ。2年後に最高のパフォーマンスをするための環境が整ってきたと思う」と好印象を口にした。

 五輪本番では1万5000人収容となる同会場は20年2月に完成予定で、その後はテスト大会が次々と開催される。カナダ代表の選手らも見学に訪れ、昨年の世界選手権女子100メートル背泳ぎ優勝のカイリージャクリーン・マスは「建設途中だが、現場を見ることができてうれしい。大勢の観客が入った前で泳ぐのが楽しみ」と声を弾ませた。

  • 建設が進む「五輪水泳センター」を視察し、マスコットと一緒にポーズをとる競泳日本代表の萩野公介(左)とカナダのカイリージャクリーン・マス=7日、東京都江東区