2018.8.6 15:21

関学大QB父、田中理事長の声明文は「憤りを超えて悲しすぎる」/アメフット

関学大QB父、田中理事長の声明文は「憤りを超えて悲しすぎる」/アメフット

特集:
アメフット

 アメリカンフットボール部の反則問題で揺れる日大の選手から悪質タックルを受け負傷した、関学大QBの父・奥野康俊氏(52)が6日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。日大の田中英寿理事長(71)が公式サイトで謝罪したことについて言及した。

 「学生ファーストの理念に立ち返って」と題し直筆著名入りの声明文で謝罪した田中理事長に対し、奥野氏は「このタイミングで謝罪文を出されて、これで全ての説明責任を果たしたと思われるのだったら、憤りを超えて悲しすぎる」と怒りをあらわにした。

 さらに「一番の被害者は、危険タックルをした選手。彼を救済するというのが、第三者委員会の説明しかり、この文章にも見えなかった。大好きなアメフットを辞めないといけなくなった彼を救ってあげたいと思ったのは、彼が親御さんと謝りに来たときの真摯(しんし)な態度に心を揺り動かされたから」とした上で、「謝罪文を出しただけで、きちっとした会見も開かないで終わらせようとしている田中理事長は考えられない」と糾弾した。