2018.8.6 20:25

全日本柔道連盟の山下会長、選手を激励「持てる力存分に出してほしい」

全日本柔道連盟の山下会長、選手を激励「持てる力存分に出してほしい」

 柔道の世界選手権(9月、バクー)に出場する女子日本代表が6日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでの強化合宿を報道陣に公開した。

 全日本柔道連盟の山下泰裕会長が選手の激励に訪れた。日本オリンピック委員会(JOC)の選手強化本部長として、競泳や卓球などアジア大会を控える各競技の巡回視察の一環で「失敗を恐れず、持てる力を存分に出してほしい」との言葉を送った。

 練習中には女子78キロ超級で18歳の素根輝(福岡・南筑高)に組み手を指導する場面もあった。「最近の日本の女子は勢いがあり、期待できる。アドバイスしたい気持ちを抑え切れなかった」と柔道家の顔をのぞかせた。