2018.8.6 20:36

女子1600リレー、相洋は高島姉妹がV貢献 妹の咲季「一緒に優勝できて良かった」/高校総体

女子1600リレー、相洋は高島姉妹がV貢献 妹の咲季「一緒に優勝できて良かった」/高校総体

女子1600メートルリレーで優勝し笑顔を見せる相洋の選手たち=三重交通Gスポーツの杜伊勢

女子1600メートルリレーで優勝し笑顔を見せる相洋の選手たち=三重交通Gスポーツの杜伊勢【拡大】

 全国高校総体(インターハイ)第6日は6日、静岡県草薙総合運動場体育館などで行われ、陸上で1600メートルリレーの女子は相洋、男子は法政二の神奈川勢が勝った。

 陸上女子1600メートルリレーは400メートル優勝の高島咲季を擁する相洋が3分40秒99で制した。第1走者には高島の姉、菜都美も出場。妹がアンカーの大役を果たし、5連覇を狙った東大阪大敬愛の猛追を振り切った。

 「今まで頑張ってきたので、達成感と感謝の気持ち」と3年の姉が話せば、2年の妹も「最後だったので、お姉ちゃんと一緒に優勝できて良かった」と喜ぶ。母校の7年ぶりの優勝に姉妹が大きく貢献した。

  • 女子1600メートルリレー決勝第3走者の金子からバトンを受け取り、駆けだす相洋・高島咲(中央)=三重交通Gスポーツの杜伊勢