2018.8.5 19:20

桃田、違法賭博問題から完全復活 復帰後は「感謝」を繰り返す/バドミントン

桃田、違法賭博問題から完全復活 復帰後は「感謝」を繰り返す/バドミントン

 バドミントン世界選手権の男子シングルスで、日本男子初の金メダルを獲得し、表彰式でメダルを掲げる桃田賢斗=中国・南京(共同)

 バドミントン世界選手権の男子シングルスで、日本男子初の金メダルを獲得し、表彰式でメダルを掲げる桃田賢斗=中国・南京(共同)【拡大】

 バドミントン・世界選手権最終日(5日、中国・南京)男子シングルス決勝で、桃田賢斗(23)=NTT東日本=が世界ランキング3位の石宇奇(22)=中国=を2-0(21-11、21-13)で破り、五輪、世界選手権を通じて日本男子で初の金メダルに輝いた。

 違法賭博問題で出場停止処分を受け、昨年5月の復帰戦まで1年以上も対外試合から離れた。その間、午前中は所属先の会社業務に携わった。それまでは直接的な関わりがなかった社員の働く姿を目にし、バドミントンに集中させてもらえる「ありがたさ」をあらためて実感したという。

 復帰後は「感謝」の2文字を繰り返す。大会の格付けや規模によって、その気持ちに差が出るわけではないが、世界王者になることが支えてくれた人たちへの恩返しになると信じている。2年後の東京五輪へ、日本男子のエースが完全復活した。

  • バドミントン世界選手権の男子シングルスで、日本男子初の金メダルを獲得しガッツポーズする桃田賢斗=中国・南京(共同)
  • 中国選手と対戦する桃田賢斗=南京(共同)
  • 男子シングルスで日本男子初の金メダルを獲得し、人さし指を立てる桃田賢斗=南京(共同)
  • 男子シングルスで日本男子初の金メダルを獲得し、人さし指を立てる桃田賢斗=南京(共同)