2018.8.4 05:03(1/2ページ)

日大トップが初めて謝罪 田中理事長「学生ファースト立ち返る」/アメフット

日大トップが初めて謝罪 田中理事長「学生ファースト立ち返る」/アメフット

特集:
アメフット

 アメリカンフットボール部の悪質な反則問題で揺れる日大の田中英寿理事長(71)は3日、大学の公式サイトで直筆署名入りの声明文を発表した。一連の騒動を謝罪しながらも、今後も理事長として大学運営に関わる意向を示した。この問題で一切、公の場に出ていない田中理事長がコメントを出すのは初めて。またこの日、日大の牧野富夫元副総長らが田中理事長ら理事全員の辞任を要求した。

 一連の騒動に対してようやく、日大トップの田中英寿理事長が動きを見せた。大学の公式サイトで「学生ファーストの理念に立ち返って」と題し、直筆著名入りの声明文で謝罪した。

 「深く反省し、改めて学生ファーストの精神に立ち返って今後の大学運営を行っていくことを、学生諸君、保護者の皆様に宣言いたします」

 日大アメリカンフットボール部の選手が関西学院大の選手を危険なタックルで負傷させた不祥事で、田中理事長がコメントを出すのは初めて。

 7月30日に日大側に提出された第三者委員会の最終報告書で「学生ファーストの精神が見失われていた」と指摘された部分について「心に突き刺さった一言」と独特の言い回しで表現した。

 第三者委員会から内田正人前監督らが反則を指示したと認定されたことを受け、けがをした関西学院大の選手や関係者、反則指示を受けた日大選手や保護者らに「深くおわびをいたします」と謝罪。関東学生連盟などアメフットの関係者にも迷惑を掛けたとして陳謝した。アメフット部OBの元理事が選手に口封じをしたことにも言及し、「断じて許されないことです」とした。

【続きを読む】