2018.8.3 18:03

大野、アジア大会へ順調な調整 「全然です」と謙遜も視線の鋭さ増す/柔道

大野、アジア大会へ順調な調整 「全然です」と謙遜も視線の鋭さ増す/柔道

特集:
アジア大会

 柔道の世界選手権(9月、バクー)とジャカルタ・アジア大会の男子日本代表が3日、宮崎県延岡市での強化合宿を報道陣に公開した。

 2016年リオデジャネイロ五輪男子73キロ級覇者の大野将平(旭化成)はアジア大会へ向け、順調な調整ぶりだ。稽古では得意の内股で相手を何度も畳にたたき付けた。「疲れているし、全然(良くない)です」と謙遜したが、視線の鋭さは増してきた。

 日本代表の首脳陣も動きの良さに目を見張った。所属先の監督で全日本柔道連盟の中村兼三強化副委員長が「試合モードに入ってきた」と言えば、日本男子の井上監督も「新たな闘いに向け、腹をくくって日々を送っている」と感心していた。