2018.8.1 15:00

日本ボクシング連盟、助成金流用疑惑に「不正は事実」 HPでコメント

日本ボクシング連盟、助成金流用疑惑に「不正は事実」 HPでコメント

 日本スポーツ振興センター(JSC)から交付された助成金で不正流用の疑いがある日本ボクシング連盟が1日、公式サイトを更新し「遺憾ながら、これは事実。(山根明)会長としての責任であり、JSCや日本オリンピック委員会(JOC)に謝罪致します」とコメントを出した。

 2016年リオデジャネイロ五輪に男子ライト級で出場した成松大介選手(自衛隊)が15年度にJSCから交付された助成金240万円について、山根会長の指示で3等分されて助成対象外の別の2選手に80万円ずつ渡されていたとされる。日本連盟は「会長が他の2選手のことを思う親心からしたことであり、会長個人の利益目的からしたことではありません」と主張した。

 16年岩手国体の試合での判定に不正があると報じられている件に関しては「(告発者側が)ダウンを取られたことを強調して、さも不正審判であるかのように吹聴することは、審判に対する不信をあおるものであって断じて容認できません」と反論した。