2018.7.30 18:41

バッハIOC会長、五輪会場視察で福島訪問の意向

バッハIOC会長、五輪会場視察で福島訪問の意向

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が2020年東京五輪の野球・ソフトボール会場となる福島県営あづま球場を視察する意向であることが30日、分かった。大会組織委員会の森喜朗会長が記者会見で明らかにした。11月30日から東京で開かれる予定のIOC理事会に合わせた時期になるとみられる。

 森会長によると、バッハ会長は安倍晋三首相とともに福島を訪れることを希望している。バッハ会長は16年10月に来日した際、安倍首相と官邸で会談し、東日本大震災の被災地での競技実施などについて議論した。

 県営あづま球場では、20年7月24日の開会式に先立ち、ソフトボールの開幕戦となる日本戦が全競技の皮切りとして行われる予定。