2018.7.28 20:56

リオ出場の成松、連盟会長から助成金分配指示され「おかしいと思ったが…」/BOX

リオ出場の成松、連盟会長から助成金分配指示され「おかしいと思ったが…」/BOX

 2016年のリオデジャネイロ五輪にボクシング男子ライト級で出場した成松大介選手(28)=自衛隊=に対して日本スポーツ振興センター(JSC)が15年度に交付した助成金240万円が、日本ボクシング連盟の指示で3等分されて別の2選手に80万円ずつ渡されていたことが28日、関係者の話で分かった。ボクシングで同年度に助成対象だったのは成松選手だけで、不正流用の可能性がある。JSCは今後調査する方針。

 関係者によると、成松選手は助成金を受けた際に日本連盟の山根明会長から「3人で分けるように」と指示され「おかしいと思ったが断れなかった」と話している。助成金の一部を受け取ったとされる選手の1人も事実を認めているという。同会長は連盟を通じ「一切の取材をお断りしている」とコメントした。

 今年に入って助成金の目的外使用の指摘が連盟側に寄せられ、複数の連盟幹部が5月30日に成松選手と面談。幹部らからは「会長の命令っていうと、おかしくなっちゃうから」「あなたが(自分の意思で)分けてやったと言ってくれるとうれしい」などと、会長の指示ではなく同選手が自ら助成金を分配したことにするよう促す発言があった。翌31日には幹部から成松選手の口座に160万円が振り込まれた。