2018.7.24 10:00(2/5ページ)

【サンスポ×日体大】阿部一二三、妹・詩と同日“金”宣言

【サンスポ×日体大】

阿部一二三、妹・詩と同日“金”宣言

特集:
サンスポ×日体大
インタビュー中、阿部(右)と具志堅学長が組み合った。阿部は組み手の重要性を解説した(撮影・佐藤雄彦)

インタビュー中、阿部(右)と具志堅学長が組み合った。阿部は組み手の重要性を解説した(撮影・佐藤雄彦)【拡大】

 具志堅 「練習することはイメージすること。考えない練習は練習ではない。金メダルを獲得した(1984年の)ロサンゼルス五輪で学ばせてもらったこと」

 阿部 「自分の柔道を追求していきたいと思っています」

 具志堅 「一年一年の積み重ねが大事で、前に進んでいってほしい。他の選手の模範となるような憧れるような選手になってもらいたい。では、どんな稽古に取り組んでいるの」

 阿部 「日々、課題を持って取り組んでいます。特に、立ち技からの寝技です。寝技が少し苦手なので」

 山本 「伸びる選手は自分で考えて練習する。阿部は学生のなかで突出して考えて練習する選手です」

 阿部 「寝技や逆技をひたすらかけるときもあれば、足技ばかりや組み手を重視するときもあります。減量のときは、道着の中に服を着込んで汗をかきます。考えながら練習します」

 具志堅 「いいことだ」

 阿部 「課題にしていた逆技(阿部の場合は右組みから出す左技)の感覚をつかめてきています。試合で出せるように仕上げたいです」

 具志堅 「訓練、訓練だよ。日体大には体操の白井健三選手(4年)やレスリングの樋口黎選手(助手)ら多くのメダリストが在籍する。他競技の選手との交流は」

 阿部 「多少、あります」

 具志堅 「一緒に稽古するのもいい」

 阿部 「レスリングは柔道につながる部分があると思います」

 具志堅 「(2つの競技は)似ているね」

【続きを読む】

  • 阿部一二三=29日、兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館(志儀駒貴撮影)
  • 柔の怪物が描く“未来予想図”
  • 日体大夏季五輪金メダリスト
  • 柔道・2020年東京五輪までの主な国際大会