2018.7.24 10:00(1/5ページ)

【サンスポ×日体大】阿部一二三、妹・詩と同日“金”宣言

【サンスポ×日体大】

阿部一二三、妹・詩と同日“金”宣言

特集:
サンスポ×日体大
阿部一二三=29日、兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館(志儀駒貴撮影)

阿部一二三=29日、兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館(志儀駒貴撮影)【拡大】

 2020年東京五輪開幕まで、24日であと2年。出身大学別で最多62人の夏季五輪メダリストを輩出している日体大とコラボレーションした長期連載の第9回は、柔道男子66キロ級の世界王者、阿部一二三(ひふみ、20)が登場。具志堅幸司学長(61)、柔道部の山本洋祐部長(58)と対談した。東京五輪の金メダル大本命といわれるホープが、2人のメダリストの前で明かしたさらなる進化の鍵とは-。(取材構成・石井文敏)

 具志堅学長(以下、具志堅) 「あと2年に迫った東京五輪の青写真は描けているの」

 阿部 「今年9月の世界選手権(バクー)で2連覇、来年の世界選手権(日本武道館)で3連覇できればいいと思います」

 具志堅 「世界中の人が柔道の日本代表=金メダルというイメージがある。プレッシャーはあるか」

 阿部 「プレッシャーに負けていたら五輪で優勝できない。プレッシャーを力に変えようと思っています」

 具志堅 「得意技は」

 阿部 「担ぎ技。なかでも背負い投げです。世界王者になって周りから研究されているのを感じます。課題を克服して、その上をいけるようにしたいです」

 具志堅 「本当のチャンピオンは研究されてもその上をいく。ところで学生生活はどう」

 阿部 「もう3年生なんだと思うと、早いです。(2016年の)リオデジャネイロ五輪のときは1年生で、日本代表に入ることができませんでした。この悔しさを東京五輪で晴らしたいです」

【続きを読む】

  • インタビュー中、阿部(右)と具志堅学長が組み合った。阿部は組み手の重要性を解説した(撮影・佐藤雄彦)
  • 柔の怪物が描く“未来予想図”
  • 日体大夏季五輪金メダリスト
  • 柔道・2020年東京五輪までの主な国際大会