2018.7.23 20:30

監督会、日大報告書の開示要求 非開示なら対戦拒否も/アメフット

監督会、日大報告書の開示要求 非開示なら対戦拒否も/アメフット

特集:
アメフット

 関東学生アメリカンフットボール連盟1部リーグ所属チームの監督らで構成する監督会は23日、悪質な反則問題で公式試合の出場資格を停止されている日本大のチーム改善報告書を監督会に24日までに開示することを求めた。日大を除く15チームの連名で要望書を関東学連に提出した。非開示なら秋のリーグ戦で日大との対戦を拒否する。

 日大は17日に再発防止策などをまとめたチーム改善報告書を関東学連に提出した。監督会は、開示されない場合には「検討および判断する材料がないことから、日大と試合をすることはできないと言わざるを得ない」とした。

 5月に選手が危険なプレーをして関西学院大の選手を負傷させた日大は、2018年度シーズン終了までの出場資格を停止された。関東学連は報告書を検証し今月末に処分解除の可否を判断する。監督会によると、これまでも報告書の開示を要求してきたが「検証委員会の活動に支障が出る可能性があるため、現時点で公開はしない」との返答があった。