2018.7.23 22:25(1/2ページ)

BMW Team StudieのBMW M4 GT4が2連勝 ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍

BMW Team StudieのBMW M4 GT4が2連勝 ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍

BMW Team StudieのBMW M4 GT4が2連勝 ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍

BMW Team StudieのBMW M4 GT4が2連勝 ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍【拡大】

 7月21・22日に富士スピードウェイで開催されたブランパンGTアジア富士ラウンド。ここでは第7戦と第8戦が行われます。

 ブランパンGTアジアはタイ、マレーシア、日本の鈴鹿、富士、中国の上海、寧波と6大会12戦が開催され、参戦マシンはSUPER GTのGT300クラスでお馴染みのFIA-GT3と、日本ではあまり馴染みがありませんがヨーロッパを中心に人気を集めているFIA-GT4となります。

 6月30日に鈴鹿で開催された第5戦にGT4クラスで優勝したGT4クラス唯一の日本チーム「BMW Team Studie」のBMW M4 GT4に注目が集まるところですが、結論から言ってしまうと、富士ラウンドを2連勝しました!

 第7戦、第8戦ともにポールポジションはBMW Team Studieの81号車。

 その81号車のドライバーは、「アニキ」こと木下隆之さんと砂子塾長。「往年の…」といっては失礼ですが、お二人とも日本のレース界では名を馳せた方々。レーシングドライバーを引退後、長らく現役を遠ざかっていたことによりアマチュアドライバーとしての「資格?」を得ることでGT4クラスのドライバーとしてブランパンGTアジアに参戦しています。

 GT4マシンはメーカーがレーシングマシンとして市販するもので、GT4規定に則って製作するためチームによる改造が出来ないところはGT3マシンと同じ。外観はほぼ市販車のままでウィングとカナード、リップスポイラーが装着された程度。フェンダーを膨らませたりするGT3と違って、GT4マシンの見た目は完全に市販車のボディ。

 ポールポジションをとったBMW Team Studieの81号車は1分46秒870がベストタイムで、これはGT3クラスのポールポジションから10秒しか遅くないことになります。スーパー耐久でいえばST-TCRクラスのHONDA CIVIC TCRとほぼ同程度のタイムです。

 なお、今回のブランパンGTアジアではダンロップコーナーの舗装が剥がれるというアクシデントがあったため、ショートカットレイアウトとなり、フルコースに比べて総じて3~4秒ほどタイムが短縮されています。

 そんなGT3との混走の中、安定したレース運びで優勝を勝ち取ったBMW Team Studieの81号車。この富士ラウンドに関しては2戦ともポール to ウィンの完全勝利での連勝を飾りました。

【続きを読む】

  • BMWTeamStudieのBMWM4GT4が2連勝ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍
  • BMWTeamStudieのBMWM4GT4が2連勝ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍
  • BMWTeamStudieのBMWM4GT4が2連勝ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍
  • BMWTeamStudieのBMWM4GT4が2連勝ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍
  • BMWTeamStudieのBMWM4GT4が2連勝ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍
  • BMWTeamStudieのBMWM4GT4が2連勝ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍
  • BMWTeamStudieのBMWM4GT4が2連勝ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍
  • BMWTeamStudieのBMWM4GT4が2連勝ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍
  • BMWTeamStudieのBMWM4GT4が2連勝ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍
  • BMWTeamStudieのBMWM4GT4が2連勝ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍
  • BMWTeamStudieのBMWM4GT4が2連勝ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍
  • BMWTeamStudieのBMWM4GT4が2連勝ブランパンGTアジア・富士戦は日本人が大活躍