2018.7.20 11:56

井岡一翔が現役復帰 再起戦は9月8日に米ロサンゼルスで/BOX

井岡一翔が現役復帰 再起戦は9月8日に米ロサンゼルスで/BOX

米国での現役復帰を表明した元世界3階級王者の井岡一翔=東京都渋谷区(撮影・奥村信哉)

米国での現役復帰を表明した元世界3階級王者の井岡一翔=東京都渋谷区(撮影・奥村信哉)【拡大】

 プロボクシングの元世界3階級王者・井岡一翔(29)が20日、東京都内で会見し、現役復帰を表明した。再起戦として9月8日に米ロサンゼルスで行われるSフライ級王者らが参戦する「SUPER FLYIII」に出場する。対戦相手は未定。

 昨年おおみそかの引退会見以来、久しぶりに公の場に姿を見せた井岡は「私、井岡一翔はアメリカで現役復帰することを決意しました。今後の拠点はアメリカになります」と決意を表明した。

 井岡は一昨年4月にWBA世界フライ級王者として5度目の防衛に成功し、具志堅用高に並ぶ世界戦通算14勝の日本記録を打ち立てた。同5月17日に婚約中だった歌手の谷村奈南と結婚。その後、生活拠点を大阪から東京に移したことで、父の一法氏が会長を務める所属ジムで汗を流すことも激減した。

 同11月9日に一法会長が王座返上を発表した。父との確執などが原因となって、引退を決意。昨年12月30日付で日本ボクシングコミッション(JBC)に受理され、翌日に横浜市内で会見を開き、現役引退を表明した。

 井岡は今年2月に米ロサンゼルスで「SUPER FLYII」を観戦した際に、米国側から出場の打診を受けたことなどから現役復帰を決意。3月から本格的な練習を再開した。「新しい環境で、4階級制覇という大きな目標を掲げてやっていく。それを達成したい」と意気込んだ。今後はロサンゼルスを拠点として活動する。

  • 記者会見で現役復帰を表明した、ボクシング元世界王者の井岡一翔=東京都渋谷区
  • 記者会見後、ポーズをとるボクシング元世界王者の井岡一翔=東京都渋谷区