2018.7.19 19:04

女子駅伝でドーピング違反、ユニバーサルの優勝取り消し 昨年の全日本実業団

女子駅伝でドーピング違反、ユニバーサルの優勝取り消し 昨年の全日本実業団

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は19日、昨年11月に行われた全日本実業団対抗女子駅伝のドーピング検査で、優勝したユニバーサルエンターテインメントの中村萌乃元選手から禁止物質で筋肉増強効果があるメテノロンなどが検出されたため、1年3カ月の資格停止処分、同駅伝での個人成績失効が決まったと発表した。既に現役を引退し、ユニバーサルエンターテインメントを退部、退職している。

 日本実業団陸上競技連合は同駅伝でのユニバーサルエンターテインメントの優勝を取り消し、他チームの順位を一つずつ繰り上げた。優勝はパナソニックとなる。