2018.7.17 19:14

八角理事長、10連勝御嶽に「ここに来て大関と3差は大きい」/名古屋場所

八角理事長、10連勝御嶽に「ここに来て大関と3差は大きい」/名古屋場所

御嶽海が寄り切りで輝に勝つ=ドルフィンズアリーナ(撮影・岩川晋也)

御嶽海が寄り切りで輝に勝つ=ドルフィンズアリーナ(撮影・岩川晋也)【拡大】

 大相撲名古屋場所10日目(17日、ドルフィンズアリーナ)関脇御嶽海は平幕の輝を勢いよく寄り切り、初日からの10連勝で単独首位をキープした。ただ一人1敗だった平幕朝乃山が敗れたため、後続とは2差がついた。

 大関高安は魁聖の小手投げに屈して、3敗に後退。大関豪栄道は小結松鳳山を突き落として7勝目を挙げた。松鳳山は負け越した。

 全勝の御嶽海を追う2敗は、朝乃山と栃煌山の平幕2人。十両は貴ノ岩が勝ち、1敗で単独トップを守った。

八角理事長(元横綱北勝海)の話「御嶽海は自分の相撲に自信をつけている。恐れずにいっている。馬力で勝っている。ここに来て、大関と3差というのは大きい。高安は自分の体勢になっているのに、攻め切れなかった。この1敗は痛い」

10日目結果へ11日目取組へ

  • 御嶽海が寄り切りで輝に勝つ=ドルフィンズアリーナ(撮影・岡田茂)
  • 京都・田中マルクス闘莉王と握手する御嶽海=ドルフィンズアリーナ(撮影・岡田茂)
  • 豪栄道が突き落としで松鳳山に勝つ=ドルフィンズアリーナ(撮影・岩川晋也)
  • 魁聖が小手投げで高安に勝つ=ドルフィンズアリーナ(撮影・岩川晋也)
  • 魁聖が小手投げで高安に勝つ=ドルフィンズアリーナ(撮影・岡田茂)
  • 遠藤が送り倒しで千代の国に敗れる=ドルフィンズアリーナ
  • 栃煌山が肩透かしで石浦に勝つ=ドルフィンズアリーナ(撮影・岩川晋也)
  • 逸ノ城が小手投げで嘉風に勝つ=ドルフィンズアリーナ(撮影・岡田茂)
  • 北勝富士が押し出しで朝乃山を破る=ドルフィンズアリーナ
  • 北勝富士(右)の攻めをこらえる朝乃山=ドルフィンズアリーナ
  • 朝乃山が押し出しで北勝富士に敗れる=ドルフィンズアリーナ
  • 北勝富士に押し出しで敗れた朝乃山=ドルフィンズアリーナ