2018.7.15 17:41

御嶽海、自身初の全勝ターン 1敗で遠藤&朝乃山が追う/名古屋場所

御嶽海、自身初の全勝ターン 1敗で遠藤&朝乃山が追う/名古屋場所

特集:
遠藤
千代の国を寄り切った御嶽海=ドルフィンズアリーナ(撮影・岡田茂)

千代の国を寄り切った御嶽海=ドルフィンズアリーナ(撮影・岡田茂)【拡大】

 大相撲名古屋場所中日(15日、ドルフィンズアリーナ)関脇御嶽海(25)は平幕千代の国(28)を寄り切り、自身初のストレート勝ち越しで、単独首位をキープした。1敗で平幕の遠藤(27)、朝乃山(24)の2人が追う。

 かど番の2大関はそろって白星。高安(28)は平幕輝(24)を押し出し6勝目、豪栄道(32)は平幕魁聖(31)をすくい投げで下し、5勝目を挙げた。

 元アマチュア横綱の御嶽海は9場所連続三役を維持する一方、2桁勝利が一度もない。1月の初場所では初日から7連勝と走った後、1勝7敗と期待を裏切った。3横綱は全員不在で、7日目から新大関栃ノ心が休場。自身初の全勝ターンで、初の賜杯へ突っ走る。

中日結果へ9日目取組へ