2018.7.14 19:48

栃ノ心休場に「何でだよ」との声も…看板力士不在にため息/名古屋場所

栃ノ心休場に「何でだよ」との声も…看板力士不在にため息/名古屋場所

栃ノ心の休場で正代の不戦勝となり、土俵上に掲げられた垂れ幕=14日、名古屋市のドルフィンズアリーナ

栃ノ心の休場で正代の不戦勝となり、土俵上に掲げられた垂れ幕=14日、名古屋市のドルフィンズアリーナ【拡大】

 名古屋市中区のドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で行われている大相撲名古屋場所7日目の14日、新大関栃ノ心が休場した。前日の横綱鶴竜休場で19年ぶりに3横綱全員不在となったばかりで、看板力士の相次ぐ離脱に会場内からは大きなため息が漏れた。

 この日は当日券約100枚が早々に売り切れ、今場所最速の午前7時56分に入場券が完売。栃ノ心の休場がアナウンスされると、7日間連続で満員札止めとなった観客席はどよめき「何でだよ」との声も聞こえた。

 ファンの思いをこれ以上、裏切ることはできない。名古屋場所の出羽海担当部長(元幕内小城ノ花)は「残念としか言いようがない。残された力士の奮闘に託すしかない」と祈るように言った。

7日目結果へ中日取組へ

  • 栃ノ心が休場して正代の不戦勝となり、土俵上に掲げられた垂れ幕=14日、名古屋市のドルフィンズアリーナ