2018.7.14 10:00

誉富士複雑…不戦勝で五分/東北スポーツ

誉富士複雑…不戦勝で五分/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ

 大相撲名古屋場所6日目(13日、ドルフィンズアリーナ)十両尻の誉富士は、相手の幕下西筆頭村田が休場したため不戦勝。3勝3敗と五分の星に戻した。

 相手の村田は前日の一山本戦で足を痛め、車椅子で引き揚げた。不戦勝の勝ち名乗りを受けた誉富士は「たぶん出てこれないな、と思っていた」という。

 2連勝の後に3連敗していただけに、幸運な1勝となった。「まあ、いいとはいえないけど…。とにかく、勝ち越すまでは何ともいえない」と相手を思いやった。

 この日から横綱鶴竜が休場して、名古屋場所は3横綱不在となってしまった。「お客さんは横綱土俵入りが見られないのか。楽しみにしてた人も多く、申し訳ないと思う。でも、横綱は休んでも落ちない。いいよね」と、つい本音も出た。

 いい休養をとって、7日目から新たなスタートを切る。

6日目結果へ7日目取組へ