2018.7.14 05:00

【藤島親方のこの一番】もったいない一番だった栃ノ心

【藤島親方のこの一番】

もったいない一番だった栃ノ心

栃ノ心を小手投げで破った玉鷲。栃ノ心は右足親指を痛める=ドルフィンズアリーナ(撮影・中島信生)

栃ノ心を小手投げで破った玉鷲。栃ノ心は右足親指を痛める=ドルフィンズアリーナ(撮影・中島信生)【拡大】

 大相撲名古屋場所6日目(13日、ドルフィンズアリーナ、観衆=7629)栃ノ心は当たりの強い玉鷲に対して、立ち合い踏み込んだが右を差せずに押し込まれた。なんとか右四つになったが、押し込まれてからなる四つは押し込んでなる四つとは、やはり違う。焦って出ていこうとしたとした出ばなと、玉鷲の小手投げのタイミングがぴったり合ってしまった。

 もっとがちっと差して、引きつけて密着していたら投げはきかなかったろう。足の構えも悪く、投げで右膝がガクッと入るような格好だった。

 もったいない一番で、幕内の全勝は御嶽海ひとりになってしまった。鶴竜も休場して横綱がいなくなっただけに、優勝のチャンスも出てきたが、単独トップは初めての経験だけに、ここから重圧を感じるのではないか。(元大関武双山)

6日目結果へ7日目取組へ